だいたいケミカルなんてーモンは気休めみたいな物なのであまり信用しない。オイルもMOTULの100%化学合成を使用すれば、
まんまそれが添加剤のような(以上の)役目を果たすし、その方が明らかに体感できたりもする。ただし、まぁ、「苦しい時のナントか」
で、騙された気になって入れてみる、ってーのも認めないわけではない。現にその中に「お?」ってーのがあったりなんかして。。。




騙されてみる:その1
コチラは WAKO’S の FUEL1 という燃料添加剤。ガソリン50〜60Lに1本、要は給油時に給油口から
ガバガバと添加するだけである。走るだけでフユーエル・ライン、インジェクター、燃焼室がクリーンナップ
されるという代物。いかにもウソっぽいが(笑)ノッキングぎみだったGOLF君にはファイト!一発!だった。
チリチリと音を立ててたエンジンはグッと力強く感じられ、心なしかアイドルが安定してしまった。古い車に
は継続的な使用(2〜3回連続した使用)が望ましいらしいが、¥1,500/本でコレなら上等でしょう。





騙されてみる:その2
このハイパーSというATFは湿式クラッチが圧着する瞬間、伝達する面をずらすことによって
ソフトなシフトフィーリングを生み出すというスグレモノ。現に「クィっ」というつながり感が「スっ」
というフィーリングに変わった。もちろん滑ってる感じはない。確かに体感できるATFである。
DXU、DXVはおろかCVT等にも使用できるワイドな特性を持ち、酸化したATFを復帰させる
効果も併せ持つ。マッチングの取れている輸入車も多いので、気になる方は整備手帳片手に
ご来店ください。コチラもウソっぽいが、騙されてみる価値あり。¥2,000/L(交換工賃別途)