ヨーロッパ車にはヨーロッパのタイヤ? (スタッドレス偏)
ヨーロッパ車オーナーであれば一度は耳にしたことのあるのではないでしょうか?
巷でまことしやかにいわれていることの真意、根拠はホントにあるのでしょうか?
ヨーロッパ タイヤといえば、フランスのミシュラン、イタリアのピレリ、ドイツのコンチネンタル等々、 皆さんの頭の中にも様々なブランドがイメージされるでしょう。とりわけスタッドレスだけをとらえれば 国内の市場においてはミシュランの認識がイチバン高い気がします。 スパイクなしスノータイヤをわざわざスタッドレス(ピンなし?)と言う自体、なにかおかしい 気がするのは僕だけでしょうか?もともとそれほど雪道でのスパイクタイヤを崇拝?していた という現実が、日本のスタッドレスタイヤの開発を遅らせた気さえします。 もとよりヨーロッパでもそのような呼び名で呼ばれていたのかは定かではありませんが、 世界的な環境の観点から見ても、それは必要不可欠、もともとガリガリと舗装路を削りながら 車が走行する自体おかしなことで、国の規制がどうだとか、そういった次元で開発がなされる というのは日本だけ?そんなんじゃないのがヨーロッパスタッドレスだったのかも知れません。 ミシュランをスノータイヤの一流メーカーとして有名にしたのは、おそらくはS100シリーズではないでしょうか? 傾斜したトレッド、波型のサイプ等々、構造そのものが語れるという、なんとも画期的なタイヤでした。 国内メーカースタッドレスはコンパウンドの開発競争であったと言っても過言ではないと思います。 氷点下においてもいかにゴムを柔らかくたもてるか、それが重視されました。 今となってはそれも必要不可欠なことなのですが、それだけだった気がします。 おかげでステアリングレスポンスなんてのは無視されまくり(笑)。高速道路の車線変更時などでは、 それはそれはオソロシイ挙動を示したものです。シャーシの剛性が高い、とくにドイツ車などで 当時の日本製スタッドレスを履こうものなら接地感などまるでなく、危ないことこの上なかったのです。 トータルバランスを重視するヨーロッパでは、もとよりカタヨッた方向での商品などハナから存在せず、 雪上性能も、通常舗装路でもという、オールラウンダー的な存在でした。 その柔と剛こそがヨーロッパ車に適するとされたのだと思います。 時代、技術は常に変化と進化を続けます。ショルダー部をラウンドさせることから始まった 国内タイヤの剛性革命?は波型のサイプを刻み、倒れることのないトレッドでエッジを立て、 得意分野のコンパウンドで摩擦による水膜をも排除します。高レベルの縦剛性も手に入れました。 写真:ブリヂストンMZ03 タイヤに乗っかると、縦の剛性がUPしてるのがわかるハズです。 日本製、ヨーロッパ製、どちらが適するかは今は昔。最良のスタッドレスは最新のスタッドレスなのです。 あれ?どこかで聞いたようなフレーズ...ポルシェフリークの皆さん、ゴメンナサイ。